和装の髪型│まとめ髪・夜会巻き

日本人であるとはいえ、洋服が一般的になった現代、着物を着る機会は限られてきています。日本とはいえこれだけ洋服が普及した今、着る機会を探す方が難しいという感じです。なので限られた和装を着るシーンでのヘアアレンジは気合を入れて取組んでみたいものです。和装のときのヘアスタイルと言えば、古くは日本髪と呼ばれる、固く結い上げた髪型が基本でしたが、今では日本髪は、芸者さんや舞妓さんがしている特別なヘアスタイルだというイメージに変わってしまいました。

古来からの日本髪とまではいかなくとも和装の場合はさりげなく襟足を見せるヘアアレンジがすっきりとまとまって見栄えもいいようです。ショートカットやボブヘアのなど、襟足に長さが満たない場合には、無理をして髪を結い上げなくても、そのままでも、それなりに見えます。ただ、せっかく着物を着たのに、ヘアスタイルは普段と一緒というのは、少し寂しくもあります。

その場合は、ブローの仕方をアレンジしたり、エクステンションやウイッグなどを用いてアップにしたりと一工夫加えると良いかもしれません。また、襟足につく長さ以上のヘアスタイルでしたら、結い上げるのも簡単ですし、夜会巻きやお団子などアレンジ方法も多くあります。アレンジの方法としては、お花やお茶といった習い事などの比較的日常的な和装の場合は、簡単にまとめてかんざし等でアレンジしたほうが、手間もかからず簡単できれいにまとまります。

逆に、お祝い事なので着物を着る場合には、ヘアスタイルもボリュームを持たせ、コサージュなどで華やかな雰囲気を出した方が好まれるでしょう。いずれにせよ、和装に似合うヘアスタイルの基本は、襟足をすっきりと綺麗にまとめることがポイントとなります。自分でヘアスタイルを作るなら、美容師さんなどに一度コツを聞いておいて、ムースやワックス、ヘアピン等を上手につかえるようにしておきましょう。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。